WEBサービスは日々進化を遂げています。用語の説明と様々なメソッドの紹介です。またXML-RPCの説明です。

もこもこルームシューズをWEBショップで購入
もこもこルームシューズをWEBショップで購入

WEBサービスの進化

近年、インターネットの急速な普及により多くのサービスやシステムが誕生してきました。その中でもWEBはインターネットの中心的な存在で、WEBを用いたシステムやサービスは様々な進化を遂げてきました。2000年代のはじめ頃には「WEBサービス」が登場しました。これはコンピュータ同士で色々なデータをやり取りし分散処理を行うシステムです。

WEBサービスの開発や利用には通信の仕組みについての知識が必要となります。この時通信手順の取り決めの事を「プロトコル」と言い、「HTTP」というプロトコルが広く使われています。HTTPはクライアントがWEBサーバーにデータを要求し、その要求にWEBサーバーが応えるという形になっています。WEBプラウザがWEBサーバーにアクセスする際は「GET」というメソッドが使用される場合が多いです。「POST」というメソッドはフォームの送信等の際に使われる事が多いです。その他、「HEAD」や「PUT」、「DELETE」などのメソッドも定義されています。

「XML-RPC」によるWEBサービスは、クライアントからサーバーへXML形式でデータを送信と処理結果の受け取りを行う形式のものです。

Copyright (C)2017もこもこルームシューズをWEBショップで購入.All rights reserved.