WEBディレクターにとって重要な業務のひとつが、アクセス解析です。その内容とポイントについて紹介

もこもこルームシューズをWEBショップで購入
もこもこルームシューズをWEBショップで購入

WEBディレクションのためのアクセス解析

アクセス解析は、WEBディレクターにとっては必須のスキルの一つであると言ってよいでしょう。アクセス解析が必要であるというポイントは、そのサイトの長所を知り、短所を見つけて改善する理由を探るため、またユーザーの行動を把握してそのニーズを的確に捉えるため、あるいはサービス側がユーザーに対して行っている誘導に沿って行動しているか探るために、重要なデータ解析手段となってくるのです。アクセス解析データを初めてみる方のために、大体の判断基準を紹介しましょう。例えば、直帰率と呼ばれるものがあります。ユーザーがサイトに入ってから、何もせずに直ぐ他のサイトへ移ってしまった割合のことですが、これは大体40%が平均点であると考えておくと良いでしょう。これより低い場合には、そのサイトに何かおかしいところがあると判断することができます。

またコンバージョン率と呼ばれる数値があります。これは例えばそのサイトの目的が、広告リンクをクリックさせるということだった場合に、それに成功した割合はいくらかというものですが、これは1〜3%くらいが立ち上げ当初の数値と見てください。これがいつまでたっても1%以下でしかないようであれば、やはりサイトの作りに問題があるとみて良いでしょう。こうした解析から必要な対策を割り出すために必要なのがアクセス解析です。

Copyright (C)2017もこもこルームシューズをWEBショップで購入.All rights reserved.